Tatsuya Oe – Dazzlin’

全てはここから

オオエのエレクトロニック・ミュージック・プロデューサーとしてのキャリアはここから始まった。1995年、彼はアカイのサンプラーS3000を購入し、手元にあったラップトップ・コンピューターApple Powerbook 145Bを使ってダンス・ミュージックの作曲を開始する。趣味としてではなく、プロのDJ/ミュージシャンになるために。実のところ、彼が当初描いたマスター・プランは、自分の好きなダンスミュージックのクリエイターが作る楽曲をリリースするレコード・レーベルを自分で立ち上げることだった。とはいえ、日本で、もしくは日本から、そういったクリエイターをどう探せばいいのかについては全く見当がついていなかったし、それ以前に、彼は自分の夢を実現させるのに十分な資金、つまりヴァイナル(アナログ)のレコードをプレスする資金を持っていなかった。そこで、彼はまず自分で音楽を作り、他のレーベルに出してもらおうと考えた。そこでダンス・ミュージックの現場を学びながら、将来自身のレーベルを立ち上げるのに必要なものを徐々に整えていけばいいじゃないかと。

早速、最初に作った4,5曲の「ファンキーな直球テクノ」トラックをお気に入りの日本とヨーロッパのレーベルとダンス・ミュージックの雑誌に送ってみた。日本のレーベルや雑誌からは何のフィードバックももらえなかったが、驚くことに、ACV(イタリア)やR&Sレコード(ベルギー)など、オオエがデモを送った当時ヨーロッパで勢いのあったテクノ・レーベルの殆どからは、「君の音楽が気に入った」との連絡が来た。

ACVからのフィードバックは、極めて率直でシンプルなものだった。何の前置きもなく、彼らは最初の12インチ・シングルをリリースするための契約書をファックスで送ってきたのだ(「eメールにPDFを添付」などという手法が当たり前になるのはまだずっと後の話)。数日間慎重に考えた上で、オオエは70、80センチはある、その長い契約書のファックスにサインをして送り返した。初めての「レコード契約」に舞い上がりつつも、その契約がいつ、どういう形で具現化するのかについては、疑問が残されたままだった。

それから半年後、1996年の春の終わりに、オオエは仕事帰りに立ち寄ったHMVの新宿店で、自分のデビュー12インチに図らずも出会うことになる。東京のレコードショップやナイトクラブを通じて、自分の名前が日本のテクノDJの間で浸透しはじめていることに気づくまでには、その後さほど時間はかからなかった。

レビュー

最近Nagai Eriに続きACVでのリリースの話を耳にするが、これもACV傘下のレーベルから。打ち込み歴たった2か月で作ってしまったというまさに勢いの一枚。既に完成された(?)変態性を発揮している。そろそろこういう音をリリースする日本のレーベルが出てきてもいいんじゃないかな?Subvoiceに期待(笑)

(Q’HEY, Groove 96年6月号)

Tracklist

A1. Dazzlin’
A2. Scatter Brain
B1. Bump High
B2. Tomorrow

レーベル: ACV/Chicago Style
カタログ番号: CS-005
リリース年: 1996

関連リリース

Tatsuya Oe ‎– Copa Feelin’ (CS-010) – 1997

A1. Copa Feelin’
A2. Copper
B1. What is Chicago (House)
B2. Lament

Sponsored Links

Tatsuya Oe Updated: 7 3, 2018